新しい葬儀スタイルの海洋葬とは

海洋葬とは、海に遺骨を返す(散骨する)という葬儀の方法です。
いわゆる自然葬と呼ばれる埋葬法の一種で、お墓を持たないという特徴があります。そして自然葬(散骨)を行う場所については、山や川、そして宇宙などさまざまあるため、それぞれの人が希望する場所によって散骨する場所も違います。



なので海洋葬についても、故郷の海や、思い入れのある海など、それぞれの希望によってどの海域で行うかということも変わってくる場合があると言えるでしょう。

海洋葬は業者によって、さまざまなサービスが設けられています。業者が行っているサービスは船をチャーターして散骨を行うというのが基本ですが、その種類としては、個別で行われるものや、合同のもの、そして委託を受けて行われるものなどがあり、ニーズに応じたサービスが設けられています。

「個別」のものは、個人や近親者だけが船に乗って散骨を行うというもので、最もプライベートな形式のサービスになります。

BIGLOBEニュース情報を参考にしましょう。

そして「合同の」ものは、さまざまな参加者と同じ船に乗って散骨を行うというものです。

快適な暮らしを実現するための海洋葬情報をお探しですか。

さらに「委託」されたものは、遺族などが船に乗ることなく、業者が海洋上で散骨を行うというものです。

費用については、個別で行う場合が一番高くなり、合同や委託で行うほうが安くなります。


また個人で(業者へ依頼しないで)海洋葬を行う場合は、遺骨を粉末状(2mm程度以下)にするなどの法律上の規定を守る必要があるほか、漁場を避けるなどの近隣住民への配慮が必要になることも知っておくべきでしょう。