海洋葬は費用を安く抑えられるか

海洋葬は自然葬の一つで、海に散骨する方法です。
海が大好きだった方や海に関係する仕事をしていた人が主に行っており注目されつつある方法です。



一般の埋葬は先祖代々のお墓がありそのお墓に一緒に入ったり、お墓がない場合には新たに墓地と墓石を建てたりしますが、海洋葬の場合は海にまくため、お墓などは必要がありません。

また、檀家になる必要もなく、そのため費用が抑えられる印象があります。

注意しなければならないのは海洋葬といっても、家族葬のように、お通夜や葬儀は行うことが多いということです。

あくまで海洋葬は海に散骨をする方法の事を指すのでその前段階の葬儀の在り方について考えなければなりません。

費用を最小限にしたい場合は火葬のみを行う直葬をし、海洋葬をお願いするという方法があります。


海に散骨をする場合もいくつか種類があります。

教えて!goo情報選びに特化したポータルサイトです。

個別に船をチャーターし散骨を行う個別散骨、何家族かと一緒に船に乗り合同で散骨する合同散骨、体調がすぐれないなどの理由で葬儀会社に委託する委託散骨があります。この中で費用がかからないのは合同散骨と委託散骨ですが、共同ですので家族のみでゆっくりとお別れすることが難しくなります。

なお、個別散骨でも会食をしないなどの場合は費用をおさえることも可能です。


海に散骨をする場合はお骨をパウダー状の粉末にする必要があります。



葬儀のプランの中に、そういった費用がきちんと含まれているかなども確かめておくことが大事になってきます。