永代供養とお寺について

永代供養とはどのような供養なのでしょうか。

よく、日本で行われる葬儀方法は、死んだあとは火葬場にいき、そこで骨を焼いてもらい、そのまま先祖代々のお墓に入る、そして子孫の方やお子さんがそのお墓を守っていくという方法ですが、永代供養の場合には少し違います。

永代供養とは、永代という名前の通り、たとえばお寺さんなどが永代に供養をおこなっていくというものです。



そのため、お子さんがいない方や親族がいない方がこのような供養を望むことも多く、現代ではとても多くなっている供養方法のひとつです。また、昔は、銀山など酷い劣悪な環境で亡くなった人がたくさんいました。


罪もない人が、罪をきせられ、酷い労働環境のもと、亡くなっていきました。そのような方を供養するための永代供養もあり、そちらでは、無縁仏となっている方々を永代に供養しているお寺さんもあります。
供養であるため、お経などがきちんとあげられる他、管理などを永代にわたってしてもらえるため、安心していられます。



また死後、自分が亡くなった後、誰が面倒をみてくれるのだろう、遺体などはどうなるのだろうか、骨はどうなるのだろうか、そのあとはどうなるのだろうか、という悩みを解決してくれる方法でもあり、生前に申し込みなどを行うこともできるため、人気があります。



お寺さんで永代供養を行っている他、民間などでそのような供養方法をおこなっていることもあるため、地域によって様々です。