自然葬にはどういった種類があるか

自然葬は亡くなった後、個人の希望にそって、お墓にお骨を埋葬せず、自然の中に回帰させる、という埋葬スタイルの事を指します。
樹木の下に埋葬する樹木葬、お骨を細かくパウダー状にし、海や山、空や宇宙にまく散骨葬などがあります。

どの方法も大きな石碑を作る必要がないので、お墓の管理の心配がなく無縁仏になる心配もありません。



残された遺族に負担をかけたくない方や、お墓を守ってくれる人がいない方、特定の宗教がない方、自然にかえりたいと思っている方に人気があります。

自然葬である樹木葬は特に注目されている埋葬法です。


樹が墓石の代わりとなり、樹の下に将来的には土になる骨壺にいれ埋葬します。

一回埋葬すると取り出すことはできませんが、あらかじめ自分の好きな樹を選ぶこともでき、管理も霊園がしてくれるので心配はありません。



大きな墓石はありませんが、樹の根元に小さな石や石碑を置く霊園もあり、従来のお墓の雰囲気も残しているので違和感があまりありません。

散骨は、自然葬の中で、新しいやり方のひとつとなとなっています。

散骨に多いのは海洋葬ですが、海洋葬の場合漁場などに配慮し陸から一定の距離を置いた場所でまく必要があります。



勝手にまくことはできないので注意が必要です。
また、お骨も砕いて粉末状にする必要があります。

自然葬は宗教や宗派は関係がありません。

また、お墓の管理をしなくていいのも利点です。

最後には自然に帰るというやり方はまだまだ浸透していない部分もあるので、生前から良く計画をしておくことも大事です。